自分のSNSアカウントはしっかり管理できてる?

アカウント乗っ取りには気を付けよう

あなたのアカウントは乗っ取られてる?

SNSの問題で取り上げられる問題の一つが「アカウントの乗っ取り」です。
これは自分以外の他者が自分のアカウントを乗っ取り、詐欺行為や偽造情報などの発信に使用されてしまうことです。

年々、技術が進歩するなかで乗っ取りの手口も巧妙になりつつあります。
一回アカウントを乗っ取られるとなかなかやっかいです。
そのアカウントを消去せざるを得ない状況になりかねません。
なので十分に注意しましょう。

アカウント乗っ取りの手口の1つとして挙げられているのが「連携サービス」です。
サイトの中では既存のアカウントで登録できるサービスがあります。
これは新たにアカウントを作成しなくて済むのでとても楽ですよね?
でも、そこが危ないんです。
連携の許可したアカウントで「プロフィールの公開」「ダイレクトメールを見れる」など機能を要求されることが多々あります。
そこで、個人情報が漏れたり乗っ取られる原因にもなるんです。

対策のしかたを教えます!

アカウント乗っ取りのプロは自分たちが想像できないような手口でやってきます。
自分のアカウントをしっかりと守るためにも、「乗っ取り防止対策」をご紹介させていただきます。

まず1つは「安易にアカウント連携を行わないこと」
連携により被害にあわれる可能性がございます。
なので、できるだけ避けるようにしてください。
また、連携する際にはしっかりと表示された文章を読むようにしましょう。

他には、「安易にメールアドレスや電話番号を公開しないこと」
登録する際にパスワードを忘れたように、メールアドレスや電話番号を登録しておくことができます。
これらを公開してしまうと、他者が勝手にアカウントのパスワードの変更を行いアカウントが乗っ取られてしまう場合もあります。
パスワードを変えられ自分がログインできないなんてケースも出できます。
住所だけでなく、メールアドレスも電話番号も個人情報の一つだということを忘れないようにしましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る